本文へ移動

高気密

「チャコの家」は住む人の快適性と省エネルギーの観点から気密性能を追求します。
 気密性能は今のところ国などが具体的な基準値などを設けてはいません。しかしエネルギーをムダなく使用することや、断熱材の効果を最大限に発揮させようとすると、隙間を少なくする(気密性能を高める)ことはとても重要なことになります。
 この気密性能は現場での施工がとても重要となります。「チャコの家」では中間工事、完成時に気密測定を実施し気密性能の向上に努力しています。
 又住宅の性能を測定し数値で表せるのは気密測定以外にはありません。「チャコの家」では気密の基準を独自に0.5cm2/m2以下と定めています。この理由は隙間を通して空気が出入りする条件として外部風速と、室内と外の温度差で生じます。風が強く吹き寒い日は隙間を通して暖めた部屋の空気はどんどん外に逃げていきます。暖房を強くしても温まらず足元が寒い、この原因は隙間が影響しています。
 気密性能の向上は下図の通り大きく分けると4つのメリットがあり、特に冬期において室内の温度差に大きく影響します。又貴重なエネルギーをムダなく効果的に利用するためにも気密性能を上げることはとても重要なことです。
「チャコの家」では全棟気密測定を実施しお引渡ししております。

気密性が高いとどんなメリットが?

 
 
 
 
 
隙間風による
エネルギーロスの低減
 

気密性が低い場合

隙間が多いのでドンドン逃げる

気密性が高い場合

隙間が少ないので無駄に逃げない
 
 
 
断熱材の断熱効果を
最大限に発揮させる
 
隙間が多いので断熱材に関係なく熱が移動
隙間が少ないので断熱材によって熱を遮断
 
 
 
内部結露の防止
(繊維系断熱材の場合)
 
水蒸気が壁体に侵入すると冬期には外気側、夏期には室内側で内部結露を起こす
水蒸気が壁体に侵入しにくく内部結露が生じない
 
 
 
換気効率の向上
 
隙間が多いので室内外の空気の出入りを把握することもコントロールすることもできない
隙間が少ないので室内外の空気の出入りをコントロールできる
有限会社佐々木住建
スマイル不動産
〒999-2174
山形県東置賜郡高畠町大字福沢524-1
TEL.0238-40-1505
FAX.0238-40-1506
0
2
7
1
4
1
TOPへ戻る